Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 【ミク・GUMI】 一人きりロックショー 【オリジナル曲】
【ミク・GUMI】 一人きりロックショー 【オリジナル曲】

Artist:ナブナ 

  • Bookmark this page




振り返るそこで笑ってみせて 最終列車の 窓から外が ぱっぱらぱっと 変わってしまうようで 今君の言葉が 13 and 45 a-o 大体なんでも 意味はないけど 音さえ鳴ったら それで終い あぁ ねぇ まだ誰も見てくれない いない いない 果てには 全部淘汰して 俯いた 僕の 頭の中 「なんも変わんないなぁ」 消えないような言葉で 僕を殺して 何十秒に縋ったままの 固まった意味はもう 君が知ることないよ ないよ らったった 投げ出して話しましょう? この世はすべて 愛情 劣情 なんのこと? 呟いた音さえもうわからない つまづいた僕を笑ってみせて 愛情論者の君の心は さっと変わって移ってしまうような ただ あの日の事が 13 and 85 ye-e-e 落第 残念 何か違う まだ君の言葉は終わっちゃいない もう その先は聞きたくない 見ない 見ない だからさ 声も退化して 失った唄に身を任せて 全部忘れてしまいましょう なんて そうなっちゃったんでしょう? 魚色の嗚咽が 耳を焦がして 夕焼け色を映したままで 客席の外側の


Posted By: 無味無臭ノ鳥
Number of PetitLyrics Plays:1







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top