Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 詩書きとコーヒー
詩書きとコーヒー

Artist:ヨルシカ  Album:だから僕は音楽を辞めた  Writer:n-buna  Composer:n-buna  Release Year:2019-04-10  Number:DUED-1267

  • Bookmark this page




最低限の生活で小さな部屋の六畳で 君と暮らせれば良かった それだけ考えていた 幸せの色は準透明 なら見えない方が良かった 何も出来ないのに今日が終わる 最低限の生活で小さな部屋の六畳で 天井を眺める毎日 何かを考えていた 幸せの価値は60000円 家賃が引かれて4000円 ぼやけた頭で想い出を漁る 冷めた目で愛を語るようになっていた 冷めたコーヒーも相変わらずそうなんだ 嫌いだ わかんないよ わかんないよ わかんないよ わかんないよ 想い出になる 君が邪魔になっていく わかんないよ わかんないよ わかんないよ わかんないよ わかんないよ 上手な歩き方も さよならの言い方も 最小限の音量で 少し大きくなった部屋で 止まったガスも思い出も シャワーの冷たさも書き殴った 寿命を売るなら残り二年 それだけ残してあの街へ 余った寿命で思い出を漁る 晴れも夜祭りも関町の街灯も


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:2520







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top