Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > Cage
Cage

Artist:日向坂46  Album:ドレミソラシド (Type-B)  Writer:秋元康  Composer:水流雄一朗  Release Year:2019-07-17  Number:SRCL-11222

  • Bookmark this page




世界から 空がなくなってしまえばいいと思った そうしたら 僕はもう あの空を駆け巡る鳥たちを羨むことはないんだ 空を飛んだってしょうがない 僕は 鳥籠の中でいつもより大きな声で泣いた 瞼 閉じてしまえば 見えなくなるって わかってはいるけど勇気がなかった 天井の染み眺めてると 何かしら意味あるように 思えてしまう 一人の真夜中 どうせ醒めるならば どんな素晴らしい夢だって見たくないんだ 現実に戻るのがきっと怖くなるから それならいっそ寝返りを繰り返して どうにか諦めた方がいい ベッドからもう起きようか どうして頑張らなきゃいけないんだ? Oh... 自由はどこにある? そうだ いつだって目の前にあるんだ もう 何も邪魔するものない 好きなことやればいい 自分が勝手に縛られて ルールや常識の外へ出ないだけ 存在などしてない 想像のCage Wow... もしも 鳥籠の窓 開けてしまったら 逃げ出した鳥はどこへと飛んで行く? 空の向こうに行きたい場所 叶えたい願いや夢が あると言うなら それもいいけど… 僕が作り上げたただの思い込みを 信じてただけなのかな ここを出られないなんて被害者意識だった 見えない籠に閉じ込められている方が 都合がよかったんだろう?


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:520







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top