Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 花瓶に触れた
花瓶に触れた
  • Bookmark this page




作詞:バルーン 作曲:バルーン 編曲:バルーン 唄:ぱなまん 深夜三時半を回って 空が傾き始めた頃 落ちた玩具 足で転がした きっとゴミの日に消えるだろう 明日は大事な日にしたいから 家に帰り眠りにつくよ 君の頬に残る 恋の色 気付かないふりを続けてる 堂々巡りの会話 終わらない様に靴を履いて 曖昧な距離は今日だって ぼやけて変わらないし 帰りたいと思った 君は手を握った その振動は確かに 花瓶に触れた 笑えない話しは 出来ればしたくないんだ いつも通りなら ここで ドアを塞いで また隠し事 別にいいさ 知りたくもない 確かに塗り替えた 爪の色 気付かないふりを続けてる 柳眉倒豎の君に


Posted By: れーやん
Number of PetitLyrics Plays:23





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2023 SyncPower Corporation


Page
Top