Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 箱庭ロック・ショー
箱庭ロック・ショー

Artist:UNISON SQUARE GARDEN  Album:新世界ノート  Composer:田淵智也 

  • Bookmark this page




例えば君が 真ん中な世界とかがあって それを一個ずつ確かめて 今日も四苦八苦で 降りそそぐ感情一つで 回帰線が描けるのなら 描けるのなら 流星になった子供達は それもいいか、なんて 小さな箱庭だとかほら、 見向きもしなくて 現実に負けないスケールで 新世界が描けるのなら 描けるのなら 五線譜と空のベンチで 終わらないかくれんぼの言い訳 飛べない僕が歌ってる 古いアルバムに気付いてよ、 アルゼン 今はまだ 囁いているくらいのパンジー 全てのストーリーを 流線型にしたいくらい 溢れ出す風景を、ステージ、 そこに見たいくらい 全てのストーリーを 流線型にしたいくらい 溢れ出す風景を、ステージ、 そこに見たいくらい おそらく君が 真ん中な世界とかがあって それはきっと誰だって 見れないから信じらんなくて 重ねられない今日と明日も この手で描けるのなら 描けるのなら 地上2、3メートルの中で 遠くさえ読み込んで 小さな箱庭だってほら、 無限を解き放って 現実に負けないスケールで 新世界が描けるのなら 描けるのなら 乾いた部屋と超新星の波間で


Posted By: かこ
Number of PetitLyrics Plays:117





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top