Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 宵待ち花火
宵待ち花火

Artist:H△G  Album:瞬きもせずに  Writer:H△G  Composer:H△G  Release Year:2020  Number:NEXR-1

  • Bookmark this page




人波に押されて見上げた花火とか、 赤すぎるりんご飴のこととか。 高すぎて買わなかった綿菓子とか、 金魚掬いがなくなったこととか。 手のひらの温もり、淡い浴衣の色。 喧騒を背にした駅までの帰り道。 あの夏の夜は今でも僕の中にある。 宵待ち花火と幼き恋へのあこがれ。 あの夏のように 儚く消えてしまいそうな、 青いサイダーの味。 花火が終わって見上げた夜空とか、 初めて手をつないだこととか。 火薬の匂いとか、寂しさとか。 確かに僕らはあの夜にいた。 言葉には出来ずに彷徨った思いは、 宵の闇の中で


Posted By: Ark
Number of PetitLyrics Plays:61





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top