Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 吉原ラメント
吉原ラメント

Artist:96猫  Album:アイリス  Composer:96猫 

  • Bookmark this page




江戸の町は 今日も深く 夜の帳 かけて行く 鏡向いて 紅を引いて 応じるまま 受け入れるまま 橙色 輝いた花 憧れてた 望んでいた いつのまにか 藍色の花 けれど私 安くないわ 真はただ一人の何方かのためだけに 咲いていたかったのだけれど 運命はわっちの自由を奪い そいで歯車を廻して行くのでありん す 偽りだらけの恋愛 そして私を抱くのね 悲しいくらいに感じたふりの 吉原 今日は雨 貴方様 どうか私を買っていただけないで しょうか 咲き出す 傘の群れに 濡れる 私は雨 行き交う群れ 賑わう声が ひしめき合い もつれ合い 願うことは どうかいつか 鳥籠の外 連れ出して 真は行くあてなど 無くなってしまいんしたのだけれ ど


Posted By: ちょぎ
Number of PetitLyrics Plays:21





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top