Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 冬の背骨
冬の背骨

Artist:大江 千里  Album:ROOM 802  Writer:大江千里  Composer:大江千里  Release Year:1998 

  • Bookmark this page




何故だろうかきみの ドライなとこが好きで 実は寂しがりやで 妙に理屈っぽくて 小さな嘘もつけないくせに 無理してぼくを笑わせた いつだってぼくらは騒がしくて 何かに追われて迷い続けたけど 薄紅色の瞳がいつも ぼくの寂しさまぎらわした 流されないで生きているかい きみの癖を想い出せない 凍えたドアのノブを回すと 表一面木枯らし吹いた 3着いくらの洋服のように 脱ぎ捨てていってしまった 5着に入ったランナーを待てず 人は皆帰っていった いつだったか朝に きみと待ち合わせると 行き先も決めずに 遠くに出たくなった ラッシュアワーにきみの肩が


Posted By: packexpo
Number of PetitLyrics Plays:3





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top