Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 六月は雨上がりの街を書く
六月は雨上がりの街を書く

Artist:ヨルシカ  Album:だから僕は音楽を辞めた  Composer:n-buna 

  • Bookmark this page




窓映る街の群青 雨樋を伝う五月雨 ぼうとしたまま見ている 雫一つ落ちる 落ちる 心の形は長方形 この紙の中だけに宿る 書き連ねた詩の表面 その上澄みにだけ君がいる なんてくだらないよ 馬鹿馬鹿しいよ 理屈じゃないものが見たいんだよ 深い雨の匂い きっと忘れるだけ損だから 口を動かして 指で擦って 言葉で縫い付けて あの街で待ってて 雨音の踊る街灯 薄暮の先の曲がり角 一人、足音のパレード 夏を待つ雲の霞青 今の暮らしはi2 君が引かれてる0の下 想い出の中でしか見えない 六月の雨上がりの中で


Posted By: もぐら
Number of PetitLyrics Plays:36





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top