Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 放浪センチメンタル
放浪センチメンタル

Artist:w-m  Album:色即是空  Writer:Kyohei Ishihama  Composer:Kyohei Ishihama  Release Year:2020 

  • Bookmark this page




巡る季節の香りと肌触りに 飽きずセンチメンタルに なっているのは 夢と思い出が一度に溶けるから 人で溢れる街が嫌いなのに あてもなくふらふら彷徨って 何気ない顔で出会う準備しているよ ささやかなことで胸が 嬉しくて弾んだ日々 今は夢の中で見てるんだ 麗しき髪や瞳 その声も変わらないままで 進み続ける コミュニケーションの時代に 取り残されたように生きている 同じこの街で元気にしているかな 夜の涼風が凪ぐ母校に着いた 少し不思議な気持ち 淡い黒 何度も会えたのに 今さら期待している 心が締め付けられる でも遣る瀬無さだけじゃない ふと温もりも溢れ出てるんだ


Posted By: w-m
Number of PetitLyrics Plays:0





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2022 SyncPower Corporation


Page
Top