Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 何百回目のラブソング
何百回目のラブソング
  • Bookmark this page




白紙の上に水滴で明日を描いていく 乾けばまた 眠ればまた 一から何を描こうか 何時間でも 何度でも 話をしよう そう君のこと ボクのこと それからふたりのこと 笑った君も 怒った君も ボクだけのポケットにしまって 溢れちゃいそうな 落としてなくしてしまいそうな ボクにつぶやいた 君はつぶやいた 「はじめまして。」 どうしようもないほどに 未来はスピードを変え 逆さになって動いた 君ひとりを連れ去るように 喧嘩して泣いた10年前 好き合った3年前 底ぬけたバケツに 満たしていたみたいに 夢 御伽噺のエンディング手前 映画 ドラマのワンシーン さよならより遠い朝に あの日の笑顔と同じで 君はつぶやいた 「ところで、君の名前は 何て言うんだっけ?」 あの日のままの海岸へ 二人で行こう 君の好きな星座の下 朝まで手を繋ごう 海に映写した星空が全部 波間は流れ星みたいに 幸せだよって 初めて見たって笑って そしてつぶやいた 「ところで君は誰なの?」 ボクの名前


Posted By: Spotify User
Number of PetitLyrics Plays:0





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top