Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > カヤ
カヤ

Artist:anewhite  Album:NACHTMUSIK - EP  Composer:Yuki Sato 

  • Bookmark this page




年上の彼は煙草に火をつけた 横顔を見てるとあっという間に 半分より短くなった煙草が なんだか妙に可哀想になった しかしそれが世の常と思った 彼の口に咥えられた1本の煙草が 一利もたらしたと思った 限界まで奉仕した体を 押し付けられて 終える生涯は貴方にとって どんなものだったのだろう さよならなんて言わないでもう それももう言えないのね 思い出せなくなった時に思い出して 子供みたいな口癖を下手に隠すのが らしかったわ 少しだけ気取った日には 目と目が合う気がしてた 透明なんてものよりたしかに濁った それさえクリアに見えた2人は ゲームオーバーね 彼の口に咥えられた1本の煙草が 一利もたらしたと思った 限界まで奉仕した体を 押し付けられて 終える生涯は貴方にとって どんなものだったのだろう


Posted By: やばろっく
Number of PetitLyrics Plays:103





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top