Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 恋のうた
恋のうた

Artist:Yunomi, 由崎司  Album:恋のうた 

  • Bookmark this page




あとどれくらいの距離を月へ歩いた ら あとどれくらいの寒い夜を重ねたら あとどれくらいのさよならを流した ら まぶたの奥の泉が枯れ果てる、とか 千年後もきっと続くだろう そう思ってた空洞を 満たしてあふれてしまうほどの この気持ちはなんだ? 新しい風を春は運んでくれるだろう あぁ、風が吹くのがきっと還る場所 なんだろう 変わらないでしょう 夏の暑さも、金魚も 花火が消えたら星を夜通し数えよう 色褪せる木々、凍てつく指先、重ね た日々の灯火 降り積もる雪に埋もれないような消 えない跡を残しに 紙切れ一枚 手を伸ばしたドア たった一言の「はい」や、ちっぽけ な石ころ そんなもので簡単に変わる、未来は 単純だよ 毎朝の「おはよう」 映画みたいに青い夏の海を見て 遠いところで居場所を知り 今と今を重ねてく、フィルムのよう


Posted By: Spotify User
Number of PetitLyrics Plays:176





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top