Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 君という神話
君という神話
  • Bookmark this page




きみと同じ世界を観る それはどうか 美しいか きみと同じ時を刻む それはどうか 許されるか 知らないままのほうが よかったことなんて山ほどあるけど 研ぎ澄ませ 祈り捧げ 命運を紐解け 新しいゲートが今音を立て開く それはきみヘと続く道 眩しさに目覚めた朝は きみの足跡を追いかけた この世界が終わる日には あの旋律を口ずさんだ きみすら遠く遠く遠く遠く 小さくなっていく まだ行かないで遠い遠い遠い 果てで待っていて きみと同じ海を見たい それはどんな色だろうか きみのそばで笑ってたい それはどんな贅沢かな 人間なんて誰も 醜いものだけどそれもいいところ 空を見て風を読んで 未来を切り開け 秘められたサ一キットが 知恵を呼び覚ます 光たちがここに集う


Posted By: Masa
Number of PetitLyrics Plays:142





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top