Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 杪夏
杪夏
  • Bookmark this page




思えば遠くに来たようだ 長い休み明けの匂い 貴方とまだらの影を落として 声もあげられないまま 思い馳せる 頬は熱く 輪郭を溶かすほどの日差し 眺める雲は どこまでも高く いじらしく思う あと何度迎えるだろう まなじりをあげては 暗夜の灯を見つめた その瞳の中 揺らぐ炎のよう 絵空事ではない ここで息をした 静かに零して 淀みに浮かぶ 泡沫のよう


Posted By: mt
Number of PetitLyrics Plays:40





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top