Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > Claes tranquillo ~眼鏡と1つの約束~
Claes tranquillo ~眼鏡と1つの約束~

Artist:小清水亜美  Writer:Revo  Composer:Revo 

  • Bookmark this page




「料理をするのも絵を描くことも 楽器を弾くことも楽しいし ここには読みきれないほどの 本がある」 そしてなにより私は 無為に時を過ごす喜びを知っている それは遠い昔《お父さん》か誰かに 教えてもらったもの そんな気がするのだ <♪> 「7ヤードで必中できるようになる まで 帰ってくるな」と 《少女の担当官》(ラバロ)は言った 少女が奏でる夜と朝の《輪舞曲》 弾丸は雨の中踊り続けた 命令には服従《条件付け》とは 《鉄の掟(Legge)》かい 《お嬢ちゃん…お嬢ちゃん…》 「教養や好奇心のない奴は良い兵士 になれないからな」と 《無愛想な担当官》は言った 少女の《写真》(Fotografia) とても大事そうに 本を抱えて微笑んでいた 記憶の書き換え《条件付け》とは 《鉄の《檻(Gabbia)》かい 《お嬢ちゃん…お嬢ちゃん…》 「射撃の練習はしばらく中止となり 翌日私達は朝から出かけることとな った」 <♪> 「それから、 私たちは何度か湖に足を運んだ ロンバルディア、ヴェネト、 ピエモンテ 公社での私たちはいつも無口で お互い教官と教え子の役割を忠実に こなしたが 何故かいつも湖では会話が進んだ それが 二人の暗黙のルールだったのだ」 <♪> 【正当防衛以外では


Posted By: あい
Number of PetitLyrics Plays:147





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2022 SyncPower Corporation


Page
Top