Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 住んでいた街で
住んでいた街で

Artist:月の満ちかけ  Album:住んでいた街で  Writer:今井カズヤ  Composer:今井カズヤ  Release Year:2021 

  • Bookmark this page




なびくタオルが目を隠した 口で溶かした飴の残り香 何が どう転んだのかなんて 君も分かろうとしていないはずさ いつも通りの道を歩く 靴音が一つ減っただけで寂しいね 頭はすごく冴えてる ゆっくり豆を挽いて シーツの波に飛び込め 泳いだ先に何があって 誰が手を差し伸べた 暮らす間取りが広く感じて 「置いたはず」と見当たらない手紙 夢見がちな大人になり 形だけの愛想が上手くなって仕舞う
 Posted Comments
「月の満ちかけ」アナログ・リリース第2弾から、今回は、新曲「住んでいた街で」をデジタル・シングルカット。バンドサウンドにプラスして、フルート・フリューゲルホルンなどスケール感を感じるアレンジにより、ひと味違う聴き応え十分なポップスをお届け致します。


Posted By: TuneCore Japan
Number of PetitLyrics Plays:0





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top