Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > ステラ
ステラ
  • Bookmark this page




涙が夜に溶けて 空が今日も遠くなる 未来が綴じたように 暗闇が満ちている あぁ、醜い心も 掠れそうな言葉も すべて見透かしたように 星が輝いていた 「夜鷹のように高く 空を駆けて往けたら 綺麗だって囃されて 特別になれたのに」 そう、俯いた目には 憧れしか映らない 誰かの書いた地図じゃ 灯る場所は探せない あぁ、僕らの現状は いじらしくフラットして 気を抜けば明日が 昨日になってしまう これはそう 今日を諦めなかった故の物語 風切羽響かせて 空を目指して 惨めになって 嫌になったって 輝いている夢を 叶える羽は 疾っくの疾うに生えていた 吐き出す息が白冷めて 声も聞こえなくなって 燃え上がる体温が 夜空を焦がすまで 誰よりもっと もっと向こうへって 羽ばたいた星の一瞬を あぁ、夜空はずっと待っている 灯る日を、待っている きっと きっと 「いつか」なんて誤魔化して 「誰か」になすりつけて 「どこか」なんて慰めて 「なにか」に縋っている あぁ、それこそが僕だ 汚れきった心だ 夜鷹にはなれないな だから今日を飛んだんだ あぁ、僕らの結末は


Posted By: ステラバイト
Number of PetitLyrics Plays:98





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2023 SyncPower Corporation


Page
Top