Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 1999年、夏、沖縄
1999年、夏、沖縄

Artist:Mr.Children  Album:NOT FOUND  Writer:KAZUTOSHI SAKURAI  Composer:KAZUTOSHI SAKURAI  Release Year:2000  Number:TFCC-87063

  • Bookmark this page




僕が初めて沖縄にいった時 何となく物悲しく思えたのは それがまるで日本の 縮図であるかのように アメリカに囲まれていたからです とはいえ94年、夏の沖縄は Tシャツが 体にへばりつくような暑さで 憂鬱なことは全部 夜の海に脱ぎ捨てて 適当に二、三発の恋もしました ミンミン ミンミンと 蝉が鳴いていたのは 歓喜の歌か それとも嘆きのブルースか もはや知るすべはないが あの蝉の声に似たような 泣き笑いの歌を奏で僕らは進む いろんな街を歩き いろんな人に出会い 口にしたさようならは数しれず そして今想うことは 大胆にも想うことは あぁ もっともっと誰かを愛したい 酒の味を覚え始めてからは いろんなモノを飲み歩きもしました そして世界一のお酒を見つけました それは必死で働いた後の酒です 戦後の日本を支えた物の正体が 何となく透けて見えるこの頃は 平和とは自由とは何か 国家とは家族とは何か 柄にもなく考えたりもしています 生まれた場所を離れ 夢からも遠くそれて あぁ僕はどこへ辿り着くのだろう 今日も電車に揺られ 車窓に映る顔は そうほんのちょっと くたびれているけれど <♪>


Posted By: horichee
Number of PetitLyrics Plays:184





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2022 SyncPower Corporation


Page
Top