Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 残響散歌
残響散歌

Artist:Aimer  Album:残響散歌/朝が来る  Writer:aimerrhythm  Composer:飛内将大  Release Year:2022-01-12  Number:VVCL-1955

  • Bookmark this page




誰が袖に咲く幻花(げんか) ただ そこに藍(あい)を落とした 派手に色を溶かす夜に 銀朱の月を添えて 転がるように風を切って 躓くごとに強くなった 光も痛みも怒りも全部 抱きしめて 選ばれなければ 選べばいい 声よ 轟け 夜のその向こうへ 涙で滲んでた あんなに遠くの景色まで響き渡れ 何を奏でて? 誰に届けたくて? 不確かなままでいい どんなに暗い感情も どんなに長い葛藤も 歌と散れ 残響 ただ一人舞う千夜 違えない帯(たい)を結べば


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:543





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2022 SyncPower Corporation


Page
Top