Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 空
  • Bookmark this page




今はどんなに遠くても 見上げたこの空は、繋がってるよ。 冷たい雨が降る夜は さす傘もなくただ濡れてる あの日の記憶が胸を突き上げ 立ち止まり、ただ空見上げて 悔しくても泣けない夜は 行くあてもなくただ歩いてる いつの頃か、自分騙して 負けてもいい そう、嘘ついてた。 切ない雨は夜更け過ぎに、 懐かしい雪へと変わっていた。 今はどんなに遠くても 忘れない、冷たく凛とした空気 痛いくらいに深く吸い込んで、 見上げたこの空は、繋がってるよ。 いつまでも慣れない夏は なす術もなく汗拭ってる 好きだった眩しい 日差しを避けて 日陰ばかりの道、歩いてる。 短い夏の太陽を 今しかないよ、と浴びたあの日 今はどんなに遠くても


Posted By: めてお
Number of PetitLyrics Plays:20





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2022 SyncPower Corporation


Page
Top