Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 宝石
宝石

Artist:熊木翔  Album:NATURE  Writer:熊木翔  Composer:熊木翔  Release Year:2022 

  • Bookmark this page




手を伸ばせば届くと思っていた空と 塞いでも塞ぎきれない眩しさに目が霞んでも 精一杯捉えようとしていた 揺らぐ陽炎 焼けた砂の匂いがして 濡れた髪の紫吹が上がる 消えないままで 残っている宝石を 沈めた海の波打ち際歩いていた 水面に揺らぐ 月の影が 余りに綺麗で 目を塞いだ 手を伸ばすうちに汚れていってしまったこと もう二度とあの眩しさを見ることすら出来ないこと 一つ 一つ 丁寧に 理由 言い訳 梱包して 冷めた砂に足を取られ 濡れた頬はとうの昔に 乾いてしまった 知らないままで 眠っている宝石は
 Posted Comments
"宝石" on the album, "NATURE" by 熊木翔


Posted By: TuneCore Japan
Number of PetitLyrics Plays:0





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top