Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > Restart
Restart

Artist:AKIRA  Album:Classic  Writer:AKIRA  Composer:三畳半スタジオ  Release Year:2022 

  • Bookmark this page




拝啓 20歳になる自分に宛てた手紙 生唾を飲み込んですぐに封を切る 身の程弁えず夢を描く汚ぇ字 膝抱えて肩を震わせる深夜零時 一旦整理した頭で湿った紙をめくる ノイズ混じりの声が入るRadio tape もう既に陽ちゃんと 結婚していますか? プロサッカー選手の夢 叶っていますか? 今、幸せに笑って 生きることが出来てる? 季節感のないジャージが 全て物語ってる。 朝5時行く当てもなく街に繰り出す とにかく止まった時間を動かしたい 駅ホーム近づいたら足がすくむんだ 何度電車のケツ見たら気が済むんだ 声にならない声をトイレ叫び続けた それもアナウンスの声で すぐに搔き消された 大丈夫 君の声遥か先届いてる 汚い罵声の中で上げる産声 奴らはちょっとばかり 耳が遠いだけさ そう考えると気が 少しは楽じゃない? 時に逃げ立ち向かい流す汗と涙に 意味をつけられるのは 自分以外にいない 今も苦しみ燻ってる負け犬に この歌が届きますように 少しだけ昔 撮った家族の集合写真 引きつった笑い顔でこっちを見る俺 考えてみたらいつからだろうな 人の親切が素直に 受け取れなくなったのは 無駄に裏があるんじゃないかって 疑ってさ 気づいたら俺の周りには 誰もいなくなり


Posted By: TuneCore Japan
Number of PetitLyrics Plays:0





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top