Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 第ゼロ感
第ゼロ感

Artist:10-FEET  Album:第ゼロ感  Writer:TAKUMA  Composer:TAKUMA  Release Year:2022-11-09 

  • Bookmark this page




群れを逸れて夢を咥えた それが最後になる気がしたんだ 獣は砂を一握り撒いた それが最後になる気がしたんだ 不確かな夢叶えるのさ 約束の夜に 微かな風に願うのさ 静寂の朝に 遠い星の少年は その腕に約束の飾り まだ旅路の最中さ 幻惑の園に 霞んで消えた轍の先へ それが最後になる気がしたんだ 手負の夢を紡ぎ直せば それが最後になる気がしたんだ 熱砂を蹴り抗うのさ 約束の前に 命綱は無いのさ サーカスの夜に まだ旅路の最中さ あの場所に加速するさらに 雨上がりのシャンデリア 幻惑の園に Swish da 着火you 迷走smash


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:9711





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2023 SyncPower Corporation


Page
Top