Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 杮落し
杮落し

Artist:小林私  Album:杮落し  Writer:小林私  Composer:小林私  Release Year:2023-04-28 

  • Bookmark this page




手を伸ばせば暮らしに届く住み処に居続ける危うさを 僕は時折考えている、暖房の効いた部屋で 伸ばせるだけ伸ばした直径が身の程と知っていてもい いからといえ目を背けないなら 辿り着ける場所があるような、ないような 薬を飲むのも上手くなったからこの痛みはすぐに引く よ 鈍感な人生賛歌に傾倒してる体の今ある位置を探る 柔い布が暖かい陽射しを浴びて 痛快な箴言さんざめく閉口しても運動になるから 意味のない言葉を連ねて漂わせる、首を長くして 要するにどうもしたくない現状を延命する為の病床を 上限まで借り切っている足の先がまた遠くなっている 超常現象、生存本能、先攻後攻など虚しく空を切って いる 見る・知るを飛ばし居る時分の皮膚は尚、


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:52





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top