Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 睦の月
睦の月
  • Bookmark this page




冬ざれに冴え凍る雪の花を、 唇に寄せて添ひ居る時。 やをら傍ら臥し聴けば安らかな息。 風花が忍び泣く──。 抱き締めた腕さえ、 擦抜けてしまうのか。 言の葉までも届かぬ、睦の月──。 独り枕に、冷ややかな白い頬が 震えて沈めば、心寂しき。 往昔を初夢に見て落涙する背中に、 果て無き残心を──。 抱き締めた腕さえ、 擦抜けてしまうのか。


Posted By: shino
Number of PetitLyrics Plays:0





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top