Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 杪夏
杪夏

Artist:XANVALA  Album:杪夏  Writer:巽  Composer:知哉 & Yuhma 

  • Bookmark this page




こんな綺麗に思い出して ずっと抜け出せない 熱帯夜が明けてしまう前に 口に出さなきゃ 花火よりも 熱を帯びた 想いがあるのに 上手く言葉に出来ないまま 溶ける氷菓に気付けないのは 何度目だろう 蝉時雨が ただ遠く 聞こえてた 夏の宵と背丈が伸びては 少し願う 伸びる影が そのまま 続く様に 境界線いつから変わり始めた 導火線火花が咲いた 大丈夫 ちゃんと気付いてた 勝負仕掛ける ならば今日だ どうかしてる 熱の冷まし方 知らないまま 行かなくちゃ 大人には まだなれなくていいから 君が描いてくれた夏を 焼き付けた風景を いつか綺麗に思い出すくらいなら 手を伸ばしたい 踏み出せない 悪戯に笑う 「あたりまえ」をまだ 僕はまた繋ぎ止めている


Posted By: クリムゾンテクノロジー
Number of PetitLyrics Plays:0





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top