Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 同釜
同釜

Artist:MONO NO AWARE  Album:同釜 

  • Bookmark this page




いつか夢見た火星に行けたとて パスタ屋でカトラリーの 音を出さない練習するのね いつも父から立てひざを 叱られていたけれどあなたこそ 咀嚼音が気になってはいたのね まだあなたは腹に落ちない 噛まねば飲まれん 馬鹿手を 人は同じ釜の飯を食う 母のコロッケ嫌々に食う 子にすれば芋より肉 食べ方注意せよと言う父親の 咀嚼音こそ気になりながらも食う 大事はいつも作法また向く明後日の ほう そんな頬を叩き落とす飯もあった 「質素」と海苔で書かれた弁当も 席替えも陸の孤島 ひとりこそ一人前とこそこそ食う 拒んだはずの賑わいを BGMにしていたこと さすがにイヤホン越しに嫌でも気づ く カラスがつつくゴミ袋を眺めて 「取り繕うのやめて」 すぐ浮かぶ美辞麗句 港区価格のランチたまには背伸びし て 食うにせよ松屋で食うにせよ 同じ屋根の下では一族 鳥貴族いけば誰も安く釜にありつく ための節約は誰よりも心が割りを食 う


Posted By: Spotify User
Number of PetitLyrics Plays:1





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top