Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > メタモルフォーゼ真っ最中
メタモルフォーゼ真っ最中

Artist:BaseBallBear  Album:完全版「バンドBについて」  Writer:小出 祐介  Composer:小出 祐介  Release Year:2009  Number:TOCT-26778

  • Bookmark this page




恋愛体感温度に致命的差があると言っていた君を サリンジャーの少年みたいに笑いとばした白日場面。 手紙の付録、君の部屋の香りのせいで思い出せた。 一足先に手を振って再見(さよなら)の笑顔。 もう会えないと直感予報。 次に会った君は君。でも、あの日と温度のちがう君。 俺は群青の夜明け通りに1人、アローン。 額に手をあて熱を測る。平熱を感じた… 君色街の風を あびる度にふらついて、 君にしかられて いるような気分を味わえるよ。


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:1845







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top