Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 凱歌
凱歌

Artist:FictionJunction  Album:elemental  Writer:梶浦由記  Composer:梶浦由記  Release Year:2014  Number:VTCL-60361

  • Bookmark this page




やがて途絶えた道の 向こうに淀むものを その重さだけ 声も無く知っていました かりそめの朝 偽りの歌さえざえと 僕らの喉を鳴らした 無惨な凱歌 こんなに蒼く まだ蒼く月が光るから 夜は秘密を守れずに 唇を濡らす まだ永久(とこしえ)に 閉ざされた数多の扉を 届かぬ闇のその中に 隠して下さい <♪> 時を運ぶには 小さすぎる舟でした 舵を流して ただ波を漂いました 春の喘ぎが 憧れを育む頃に 傾きながら よろこびを歌い続けて <♪> ちりちり瞬く


Posted By: Yrutnec
Number of PetitLyrics Plays:1130





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top